マイページ

全豪オープン

全豪準Vのブレイディ、大坂なおみを「みんなに刺激を与える素晴らしい選手」と称賛

「全豪オープン」でのブレイディ(左)と大坂なおみ(右)

20日の「全豪オープン」女子シングルス決勝で、第3シード大坂なおみ(日本/日清食品)に4-6、3-6で破れ、準優勝となった第22シードのジェニファー・ブレイディ(アメリカ)。準優勝となった彼女が、試合後のセレモニーで「みんなに刺激を与える素晴らしい選手」と大坂を称えた。

登壇したブレイディは「なおみ、おめでとう。またグランドスラムのタイトルを獲りましたね。私たちみんなに刺激を与えてくれる素晴らしい選手です。若い女性がみんなあなたを見ています。これは素晴らしいことです。おめでとう」「彼女のチームを祝福したいと思います。素晴らしい成果を残しましたね。彼女はどんどん強くなっていますね。おめでとうございます」と、大坂とそのチームを称えた。


続けて「自分のチームにも感謝を述べたいと思います。本当にありがとう。チームのみんながいなかったら、私はここに立っていなかったと思います。本当に感謝しています。これからも、もっともっと頑張っていきましょう。ありがとう」と、感謝を伝えた。


そして「安全な大会を運営する全ての努力をしてくれました。選手もみんな協力した成果とはいえ、本当に感謝しています」と、大会運営に関わった人たちにも感謝を述べた。


最後に「こんなに多くのみなさんの前で決勝戦でプレーできたことが最高の経験です。次回はこのトロフィーを手にしたいですね。今日はその夜ではありませんでした。これからももっと頑張ります。ありがとうございました」と語った。


自身初のグランドスラム決勝へと臨んだブレイディ。現在キャリアハイの世界24位だが、準優勝となったことで週明けの世界ランキングで13位になることが確定した。この大舞台での経験をもとに、さらなる活躍を見せてくれることを期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのブレイディ(左)と大坂なおみ(右)
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu