マイページ

全豪オープン

大坂なおみの全豪OP決勝に向けて、コーチが修正したい点

「全豪オープン」での大坂なおみ

20日に「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)女子シングルス決勝を戦う第3シード大坂なおみ(日本/日清食品)。そのコーチであるウィム・フィセッテが19日に会見を行い、決勝に向けた修正点としてファーストサーブ成功率を挙げた。

フィセッテコーチは準決勝のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)戦での大坂のサーブについて記者から聞かれた際、こう答えている。


「(その日もサーブは良かったが)彼女はもっと良いサーブが打てる。でもコートの向こう側にセレナがいて、威圧感があったんだろう」「ナオミのダブルフォルトが多かったのは、相手がセレナだったからだと思う」


「ナオミのファーストサーブ成功率は良くなかったけど、大事なポイントでは良かったし、それが一番重要なことだ」「でも決勝ではファーストサーブ成功率をもう少し上げて、60%くらいにしたいね」


実は今大会、大坂はサーブ1本でポイントを奪う場面が目立つものの、ファーストサーブ成功率は低め。3回戦では43%、準々決勝では48%、準決勝は45%と、6試合中3試合で50%を割っている。この数字が上がればよりサービスゲームのテンポが上がり、リターンゲームに集中できるだろう。


またデータを積極的に活用することで有名なフィセッテコーチだが、サーブの球種・コースについてはほとんど大坂に任せているという。


「90%は本能に従って打っていると思う。僕はナオミに多くの情報を与えているが、サーブは自由に打たせているんだ」


「ナオミは多くのことを本能で話すけれど、同時によく考える人でもある。セレナとの試合でも賢い選択をしていた。セレナはフォアハンド側のサーブをよく見逃していたし、最後のゲームではナオミも明らかにフォアハンド側を狙っていた」「何をすべきか分かっているんだ」


「ナオミのテニスの一番の魅力はそこだと思う。彼女はビッグサーバーでハードヒッターだけど、それだけじゃない。コート上でよく考える選手なんだ」


大坂は決勝で第22シードジェニファー・ブレイディ(アメリカ)と対戦する。大坂とブレイディの決勝は、日本時間20日の17時30分開始予定。ここまで苦しい場面もありながら、その力強さとメンタルの強さで勝ち進んできた大坂が2年ぶり2度目の優勝を果たせるか、注目が集まる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Matt King/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu