マイページ

全豪オープン

世界4位ケニンが全豪OP敗退後に手術。それでも3日後には大坂なおみ対セレナを観戦

「全豪オープン」でのケニン

17日、女子テニス世界4位のソフィア・ケニン(アメリカ)が急性虫垂炎で手術を受けたことを自身のInstagramで発表した。

ケニンは昨年の「全豪オープン」女王。しかし今年は悔しい2回戦敗退を喫した。更に「全豪オープン」の途中から同時並行で開催された「WTA250 メルボルン(Phillip Island Trophy)」では、初戦でシングルスランキングを持たない地元選手を相手にまさかの逆転負けを喫していた。


この試合の翌日である15日に腹痛のため病院へ行き、急性虫垂炎と診断され、その日のうちに手術を受けたという。手術は無事終わったが回復のために、数週間休むことを合わせて発表している。


術後の経過が心配されるところだが、ケニンは18日の大坂なおみ(日本/日清食品)対セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の一戦を観客席で観戦。中継カメラに映された際には、笑顔を見せていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのケニン
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu