マイページ

全豪オープン

メドベージェフのバックハンドは世界一の可能性を持つ。ATPが数字を分析し称賛

「全豪オープン」でのメドベージェフ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)で現在準決勝まで勝ち残っている第4シードダニール・メドベージェフ(ロシア)。そのメドベージェフのバックハンドは卓越していると、数字を交えてATP(男子プロテニス協会)が称賛している。

ATPはメドベージェフの「ATPカップ」での4試合、「全豪オープン」4回戦までの4試合の合計8試合における数字をそれぞれ分析。するとバックハンドで以下の数字が浮き上がった。


バックハンドウィナー
メドベージェフ:49本
対戦相手の合計:20本


バックハンドアンフォーストエラー
メドベージェフ:88本
対戦相手の合計:126本


バックハンドフォーストエラー
メドベージェフ:73本
対戦相手の合計:112本


ウィナーは相手の約2.5倍叩き込み、アンフォーストエラーは約70%、フォーストエラーは約65%に抑えており、バックハンドにおいて大きな優位性を持っている。


このことも踏まえてATPは、メドベージェフのバックハンドを「レンガの壁のような反撃」と「凍ったロープのような攻撃」をいとも簡単にすると表現。派手さはないがアンストッパブルだとして、2021年は「最高のバックハンド」という名誉を引き継ぐかもしれないと称賛している。


そのメドベージェフは日本時間19日17時30分から行われる準決勝で、第5シードステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。バックハンドにも注目したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのメドベージェフ
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu