マイページ

全豪オープン

大坂なおみ、セレナ撃破に「ムグルッサとの試合が助けになりました」。厳しいドローをくぐり抜け決勝の舞台へ

「全豪オープン」での大坂なおみ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)女子シングルスで、2年ぶり2度目の決勝進出を果たした大坂なおみ(日本/日清食品)。試合後の記者会見で、憧れの相手セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)との一戦を振り返った。

大坂が6-3、6-4のストレートで勝利したこの準決勝。大坂は立ち上がりこそブレークされたものの、第4ゲームで追いつくとそこからは相手のリードを許さず。第2セットは観客の後押しも受けて気迫のプレーを見せるセレナに対し、最後は圧巻のサービスゲームで勝利を手にした。


大坂は、立ち上がりにブレークを許したことについては「とても緊張していました。ネットの向こう側に彼女(セレナ)がいて最初のサービスゲームというのは、とても威圧感があります」と話した。


「彼女に厳しくないサーブを打った人がどうなるかを見て育ってきたからですかね。今日の自分のサーブパーセンテージが良くなかったのもあると思いますが、完璧なサーブを打たないとどうなるかと考えて、ちょっとやりすぎてしまったのかなと思います」


それでも慌てることなく、しっかりと立て直した大坂。本人は今大会4回戦で大逆転劇を演じた、ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)との一戦が活きたと話す。


「今大会は正直、ムグルッサと対戦するまではパニックになっていなかったので、あの試合での経験がとても助けになったと思います」


「今日ブレークされた後、リターン前に頭の中では"彼女は最高のサーバーだから、私にはブレークできないかもしれない"ということばかり考えていました。でも、そういう考えを消し去るように自分に言い聞かせて、ある意味で気にしないようにしていました。1ポイント1ポイント精一杯良いプレーをするしかありませんから」


そうして手にした勝利。試合後にはセレナに、成長を称えられるようにハグされた。


記者から、その時の気持ちを聞かれた大坂は「私にとって、彼女に現実で、しかもすぐ近くで会えることはいつも夢のような時間なんです。彼女にはめったに会えませんから」と答えた。


ここまで数々の苦しい場面もありながら、その力強さとメンタルの成長で勝ち進んできた大坂。憧れであり、強敵でもあるセレナを撃破しての決勝進出を果たし、2年ぶりの優勝が期待される。


その大坂の決勝の相手は、第22シードジェニファー・ブレイディ(アメリカ)に決まった。ブレイディは準決勝で、第25シードのカロリーナ・ムチョバ(チェコ)を破っての勝ち上がりだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu