マイページ

全豪オープン

怒りでラケット破壊もジョコビッチが全豪OP4強。ズべレフに競り勝つ

「全豪オープン」でのジョコビッチ

16日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会9日目。男子シングルス準々決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦。ジョコビッチは6(6)-7、6-2、6-4、7-6(6)で勝利し、怪我を抱えながらも3年連続9度目のベスト4進出を果たした。

3回戦で右脇腹を痛めたジョコビッチは第1セットの立ち上がりでブレークされるも、ズべレフのサービング・フォー・ザ・セットでブレークバック。しかしタイブレークで競り負け、できるだけ短い時間で勝利したいジョコビッチにとっては苦しい展開に。


それでも開き直って第2セットは凡ミスをわずか2本に減らし奪取。だが第3セットではまたも先にブレークを許す。


ゲームカウント1-3でリターンミスをした際、イライラしたジョコビッチは怪我などお構いなしとばかりに、コートにラケットを激しく3度叩きつけ破壊。コートが傷つき、スタッフが飛び散ったラケットの破片を掃除する始末だった。


だがこれでフラストレーションを発散すると、この第5ゲームはブレークバックできなかったものの、そこから5ゲームを連取し、第3セットも奪う。


第4セットでも先にリードされたジョコビッチだが、追いつくとタイブレークを奪取。3年連続9度目のベスト4へ進出した。


勝利したジョコビッチは準決勝で、世界114位のアスラン・カラツェフ(ロシア)と対戦する。カラツェフはオープン化以降初となる、グランドスラム初出場でベスト4進出の快挙を成し遂げている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Matt King/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu