マイページ

全豪オープン

完敗のシェイ・スーウェイ、大坂なおみを絶賛。「彼女はいつでも優勝できる」

「全豪オープン」でのシェイ(左)と大坂なおみ(右)

16日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)女子シングルス準々決勝で、第3シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界71位シェイ・スーウェイ(台湾)に6-2、6-2のストレートで勝利。同大会2年ぶりのベスト4進出を果たした。敗れたシェイは、試合後の記者会見で大坂を称賛した。

相手を翻弄する戦術家であり、粘り強いプレーから難敵として知られるシェイ。試合前には大坂を大いに苦める可能性も予想されたが、この日は大坂のプレーに対しほとんど持ち味を発揮できなかった。


シェイは「ちょっと考えすぎてしまったので、重要な場面でのポイントであまりうまくいかなかった」と話した。


「こういうことだと分かっているわ。良いプレーをするか、それともポイントを取れないか。私はちょっと我慢しきれなかった」「次はもっと良いプレーをしたいと思うわ」


一方、大坂については「すでに分かっていることだけど、なおみは良い選手よ。だから今日のことは受け入れるわ」と称賛し、次のように太鼓判を押した。


「彼女はいつでも優勝することができる。彼女は自分のプレーをして、落ち着いていればそれでいいと思うわ。彼女は素晴らしい選手だから」


難敵のシェイにストレートで勝利した大坂。準決勝では、この後に行われる第2シードシモナ・ハレプ(ルーマニア)対 第10シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の勝者と対戦する。大坂はこれまで、グランドスラムで準々決勝に進出した場合すべて優勝へと繋いでいる。勢いをキープし、さらに勝ち進むことが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのシェイ(左)と大坂なおみ(右)
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu