マイページ

全豪オープン

大坂なおみ「今日の出来もハッピー」。準決勝は「できるならセレナと対戦したい」

「全豪オープン」での大坂なおみ

16日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会9日目。女子シングルス準々決勝で、第3シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界71位のシェイ・スーウェイ(台湾)と対戦。大坂が6-2、6-2のストレートで勝利し、同大会2年ぶりのベスト4進出を果たした。その大坂は試合後のインタビューで「今日の出来もハッピー」と語った。

2年ぶりのベスト4進出について「とてもハッピーです。今日の出来もハッピーです」と答えた大坂。


難敵シェイについては「どこにでも打てるショットメーキングをシェイは持っていますから。イライラする場面も実はありました」と語っている。


「今日は相手がトリッキーだったけれど、自分のテニスに集中してミスをしないことを心がけていました」「彼女のショットに対して心地良くは打てないけれど、なんとか勝てて良かったです。1ポイント1ポイントを戦って満足しています」


特に良かった点については「適応できたことです。リターンも段々良くなってきました。ベースラインでの打ち合いも把握できてきました」と答えた。


4回戦では2本のマッチポイントをしのいでの逆転勝利となったがそのことは自信になったか、という問いには「落ち着いてプレーできますね。今日はパニックになりませんでした」と答えた。


大坂は準決勝で、この後に行われる第2シードシモナ・ハレプ(ルーマニア)対第10シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の勝者と対戦する。そのことについては「2人とも世界チャンピオンですからね。できることならセレナとしたいですが、どちらの選手も尊敬していますし、どちらと対戦することになっても幸せです。このような機会に恵まれて満足しています」と語った。


これまでグランドスラムの大会で準々決勝に進出した場合、すべて優勝へと繋いでいる大坂。難敵シェイにもストレート勝利を収めたが、次戦はセレナにしろハレプにしろ、さらなる強敵には違いない。


調子の良さをこのままキープし続け、2年ぶりの優勝へとさらに勝ち進むことを期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu