マイページ

全豪オープン

【速報】大坂なおみ 崖っぷちから逆転し全豪OPベスト8進出!前年準Vムグルッサを撃破

「全豪オープン」での大坂なおみ

14日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会7日目。女子シングルス4回戦で、第3シード大坂なおみ(日本/日清食品)が第14シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と対戦。大坂は2本のマッチポイントを握られながらも、4-6、6-4、7-5のフルセットの末勝利し、2年ぶりのベスト8へ進出した。

第3セットも大坂のサービスゲームからスタート。序盤3ゲームはお互いにサービスゲームをキープし合う立ち上がりとなった。


第4ゲームで30-40とこのセットで両者通じて初となるブレークポイントを握った大坂だが、ここはしのがれてしまう。それどころか続く第5ゲームで15-40とされ、ピンチを迎えた大坂。ラリーを制して1本しのぐが、ダブルフォルトをしてしまい、ブレークを喫した。


ブレークされた直後の第6ゲームで大坂はなんとか食いついてデュースに持ち込むが、気迫のプレーをするムグルッサからブレークポイントを握ることができない。


諦めない大坂は第8ゲームで30-40とチャンスを作ったが、ムグルッサのワイドに切れるサーブ、そして外からねじ込んでくるショットに対応できず、ブレークすることができない。


第9ゲームの自身のサーブで2本のマッチポイントを握られるが、ここを耐えて望みを繋ぐ。すると相手のサービング・フォー・ザ・マッチで15-40のチャンスを作る。デュースまで粘られるも、大坂が土壇場でブレークバックに成功。


これで息を吹き返した大坂は第12ゲームでもブレークし、劇的な逆転勝利を飾った。


勝利した大坂は準々決勝でシェイ・スーウェイ(台湾)と対戦する。スーウェイは第19シードマルケタ・ボンドルソバ(チェコ)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu