マイページ

全豪オープン

ジョコビッチ「確実に深刻な怪我だ」。全豪V9に暗雲

「全豪オープン」でのジョコビッチ

12日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)、男子シングルス3回戦で、フルセットの末勝利したものの、右脇腹を故障した第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)。ジョコビッチは試合後に「確実に深刻な怪我だ」と不安を明かした。

この日第27シードテイラー・フリッツ(アメリカ)と対戦したジョコビッチは、順調に第1・2セットを奪ったものの、第3セットの途中で右の脇腹を痛めた。メディカルタイムアウトを取って治療したものの、フォアハンドを打つ時に痛みで苦悶の表情を浮かべる場面があるほどだった。


そのため第3・4セットは捨てる形に。第4セット途中では、ビクトリア州が5日間のロックダウンのため観客が退場するという普段ではありえないことも起こった。ただ服用した薬が効いてきた結果、最終的には7-6(1)、6-4、3-6、4-6、6-2のスコアで勝利した。


「最も奇妙な試合の一つだったよ。色々なことが起きていた」とジョコビッチは語る。


「正直、どうやって勝ったのか分からない。誇りに思うのと同時に、確実に深刻な怪我だからとても悲しいし心配だ」


ジョコビッチは14日に行われる4回戦で、第14シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦する予定。4回戦に向けて中一日しかないことへの不安も吐露している。


「次の試合に向けて回復する時間はあまりない。明日は絶対にトレーニングしない」「出場できる可能性がわずかでもあるような最善の治療をしてもらえるように、超音波検査を受けて、何が起こっているか理解する必要がある」


「全豪オープン」で自身のもつ最多記録を更新する9度目の優勝を目指すジョコビッチ。優勝に黄色信号がともった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu