マイページ

全豪オープン

大坂なおみ 次戦相手は前年準優勝のムグルッサ。「ずっと対戦したいと思っていました」

「全豪オープン」での大坂なおみ

12日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)女子シングルスで、2年ぶりの同大会ベスト16進出を果たした大坂なおみ(日本/日清食品)。試合後の記者会見で、3回戦の振り返りや次戦の相手について語った。

大坂はこの日の3回戦で、第27シードオンス・ジャバー(チュニジア)にストレート勝利。スライスドロップショットなどを駆使する難しい相手であったものの、度々ブレークポイントを握られても粘り強く戦い勝ち切った。


本人は「今日一番フォーカスしていたものは、自分のサーブとリターンでした。それらは自分でコントロールできるものだからです」と話した。


「ポイントの中で何が起こるかは分かりませんが、リターンを返せるかどうかやサーブの打ち出し方は自分でコントロールできます。だから、私はそれをプランの中心にしていました」


その上で「自分のプレーがうまくいっていないように感じましたし、今日はアンフォーストエラー率が非常に高かったように思いますが、自分の戦いぶりとしてはとても満足しています」と、苦しい時間もあった戦いを制した手応えを感じているようだ。


そして大坂は次戦の4回戦で、第14シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と初対戦する。ムグルッサは昨年の同大会準優勝者であり、2016年には「全仏オープン」、2017年には「ウィンブルドン」を制した強豪だ。


大坂はムグルッサについて「彼女とは一度練習したことがありますが、それは芝コートでのことです。2、3年前ぐらいだったでしょうか。でも本当に感動したのを覚えています」と話した。


「彼女が"ウィンブルドン"や"全仏オープン"で優勝したのを観ていましたし、彼女とずっと対戦したいと思っていました。なので、私にとってこれは本当にエキサイティングなことです」


一方記者から、3回戦でジャバーと戦ったことが次のムグルッサ戦へ向けて何か助けになるか、と聞かれた大坂は「正直わかりません。オンスは並外れた選手だと思いますが、ムグルッサについてはこれまで観戦してきたものからしか判断できません」と答えた。


「オンスの方が自由奔放な感じがしますし、ムグルッサの方が好みのプレーに近いかもしれません。オンスほど予測不能ではないような。でもそれは、私が過去の試合を観てきた限りでのことです」


難しい試合を勝ち上がり、念願の相手との対戦が叶うこととなった大坂。フィジカル、メンタルともに強くなった彼女が、ムグルッサとの4回戦でも素晴らしいプレーを見せることが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Mark Metcalfe/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu