マイページ

全豪オープン

4時間の死闘の結末は激しい口論...。勝利したフォニーニがつっかかる[全豪オープン]

「全豪オープン」でのフォニーニ(手前)とカルーゾ(奥)

11日、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)の大会4日目。男子シングルス2回戦で、第16シードファビオ・フォニーニ(イタリア)が3時間56分、最終セットタイブレークにもつれ込む死闘を制して3回戦へ進出したが、試合終了直後に後味の悪い出来事が起きた。

フォニーニはこの日、同郷の世界78位サルバトーレ・カルーゾ(イタリア)と対戦。4-6、6-2、2-6、6-3、7-6(14-12)と、同大会ならではの最終セット10ポイントタイブレークにもつれ込む死闘の末勝利した。


特に最後の10ポイントタイブレークではお互いにスーパーショットが生まれ、10ポイントを奪っても2ポイント差がついていないため試合が決まらない、素晴らしい戦いだった。このような激戦の後は、握手やラケットタッチではなく、お互いの健闘を称え合うように自然とハグが行われることが多いが、この日は違った。


Eurosportによると、ネット際で握手をしたものの勝利したフォニーニが「お前はラッキーなポイントが4つもあった、謝るべきだ」とつっかかった。カルーゾは「何のことを言っているんだ?」と返したが、フォニーニは収まらず更につっかかった。カルーゾにも火が付き、二人は口論に。


主審に挨拶した後も口論するどころか、敗れたカルーゾがコートを後にしようとした際にもフォニーニはつっかかり、カルーゾも足を止めて応戦。最後は大会スタッフが止めに入る羽目に。


同じイタリア勢同士の激闘だっただけに、後味の悪い結末となった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのフォニーニ(手前)とカルーゾ(奥)
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu