マイページ

全豪オープン

ジョコビッチ 若手に苦戦しセット落とすも、全豪OP4年連続の3回戦へ

「全豪オープン」でのジョコビッチ

10日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会3日目。男子シングルス2回戦で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が世界64位のフランシス・ティアフォー(アメリカ)と対戦。ジョコビッチは6-3、6(3)-7、7-6(2)、6-3と苦戦するも勝ち切り、4年連続で3回戦へ進出した。

両者は今回が初対戦。同大会最多となる8度の優勝を誇るジョコビッチは思わぬ苦戦を強いられたが、王者の意地を見せた。


第1セットでは一度ブレークバックされながらも再度リードして奪うが、第2セットからティアフォーの粘りに合う。第2セットでは相手にブレークポイントを与えないものの、自身も3本のチャンスを逃し、その後も珍しくタイブレークを落としてしまう。


第3セットでは立ち上がりでリードし、ここから突き放しにかかるかと思われたが、第5ゲームでブレークバックされ振り出しに。ゲームカウント5-4で迎えた第10ゲームでは2本セットポイントがあったものの、ここもしのがれ、結局このセットもタイブレークの戦いへ。ただ同じ落とし方は許さないとばかりに意地を見せ、タイブレークを制す。


第4セットでもジョコビッチはなかなかブレークできない。だが第7ゲームでティアフォーがこの試合3度目のタイムバイオレーションを取られ、主審に抗議。メンタルが乱れたところをしっかりついてブレークに成功する。更に第9ゲームでもブレークし、勝ち切った。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu