マイページ

全豪オープン

ナダルも「素晴らしい未来がある」とべた褒め!17歳新星が全豪OPデビュー戦で快勝

「ATP250 メルボルン1」でのアルカラス

9日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会2日目。ラファエル・ナダル(スペイン)も絶賛し期待を寄せる17歳の世界141位カルロス・アルカラス(スペイン)が、グランドスラムのデビュー戦で華々しいストレート勝利を飾った。

予選を勝ち上がって本戦入りを果たしたアルカラスは、同じく予選勝者の世界151位ボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)に6-1、6-4、6-4で勝利した。


相手は同じ予選勝者でランキングがあまり高くないとはいえ、グランドスラムデビュー戦で、アルカラスは緊張した素振りは見せなかったと、ATP(男子プロテニス協会)も伝えている。


アルカラスも「今日は、初めてのグランドスラムで勝ててとても嬉しいよ。楽しんで、自分のプレーをしようとしたんだ。それができたと思うよ。試合を楽しんだ。経験を積むことができたよ。2回戦に向けて興奮している」とコメントしている。


彼は約1年前の2020年の年始には、まだ世界492位だった。だが、ツアー中断があったにもかかわらずグングンとランキングを上げ、現在世界141位に。この1年の間に、「ATP500 リオデジャネイロ」で2003年生まれとして初のツアーレベルでの勝利を挙げ、史上2番目の若さでのチャレンジャー大会3タイトルを達成した。


更に今年に入ってからは、前哨戦である「ATP250 メルボルン1」で当時世界14位のダビド・ゴファン(ベルギー)から金星を挙げている。


彼のポテンシャルをスペインの偉大な先輩であるナダルも絶賛。ナダルは初戦を突破した後の記者会見で「彼はとても良い、そしてとても若い」「彼には素晴らしい未来があると本当に信じている。彼は良い選手で、謙虚で、ハードワーカーだ。彼にはポジティブな面がたくさんあるんだ」とアルカラスについてコメントしている。


そのアルカラスは2回戦で世界95位のミカエル・イーメル(スウェーデン)と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATP250 メルボルン1」でのアルカラス
(Photo by Jonathan DiMaggio/Getty Images)

大坂なおみ出場!全豪オープンテニスWOWOW生中継!

2019年に全豪を制覇、2020年全米では2度目の優勝を果たし、世界に影響力を持つ大坂なおみ。アスリートとしてだけではなく、"人種差別問題"にも問題提議を続けた勇気ある行動を示した彼女の今シーズンの活躍から目が離せない。

【放送予定】 2/8(月)~2/21(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu