マイページ

全豪オープン

あの強豪選手らが全豪オープンのダブルスに出場

2020年「全豪オープン」の会場

当初の予定より3週間遅れて、2月8日からの開催が決まった「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~21日/ハードコート)。昨年はシングルスではノバク・ジョコビッチ(セルビア)とソフィア・ケニン(アメリカ)が優勝したが、シングルスの強豪選手らも多数ダブルスにも出場を予定している。伊ニュースサイトUBI Tennisが報じた。

昨年女子ダブルスで優勝を遂げたのはティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)のペア。その後彼女らは「全仏オープン」でも優勝し、今年の「全豪オープン」にもディフェンディングチャンピオンとして戻って来る。


二人に挑戦するのは何と昨年のシングルス覇者ケニンと、シングルスランキング12位のベリンダ・ベンチッチ(スイス)のペア。さらに世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)も、昨年の「全米オープン」ベスト4のジェニファー・ブレイディ(アメリカ)とチームを組んで出場。


2019年の優勝チームであるサマンサ・ストーサー(オーストラリア)/ジャン・シューアイ(中国)組も2年ぶりの優勝を狙う。日本から土居美咲(日本/ミキハウス)/日比野菜緒(日本/ブラス)ペアもワイドカードでエントリーしている。


男子ダブルスで昨年優勝を遂げたラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)のペアももちろん出場。そして男子シングルスの有力選手の中からは、世界9位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)とホベルト・ホルカシュ(ポーランド)のペア、アレックス・デミノー(オーストラリア)、ブノワ・ペール(フランス)、デニス・シャポバロフ(カナダ)らもダブルスにエントリーしている。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「全豪オープン」女子ダブルス優勝したバボス(右)とムラデノビッチ(左)
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu