マイページ

全豪オープン

チチパスが全豪OPに向けてハードなトレーニングを開始

写真は2020年「ATP500ドバイ」でのチチパス

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~21日/ハードコート)開幕まであと1ヶ月と少し。テニス選手たちはシーズン開幕に向けてトレーニングを始めている。中でも世界ランキング6位、22歳のステファノス・チチパス(ギリシャ)が、見るからにハードなトレーニングに取り組む動画が公開された。ウェブメディアEssentially Sportsが報じている。

チチパスの2020年は、前年に比べれば決して素晴らしいものとは言えなかった。2019年にチチパスは年末の最終戦「Nitto ATPファイナルズ」を含む3つのタイトルを獲得し、「全豪オープン」では準決勝に進出。また「ATP1000 マドリード」を含む3大会で準優勝して、自己最高となる世界5位までランキングを上げた。


今年の「全仏オープン」準決勝では、世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を相手にフルセットの素晴らしい戦いを見せた。だがその後は脚の怪我が悪化し、大会には出場したが良い結果を残せなかった。しかし彼のコーチであるパトリック・ムラトグルー氏は、チチパスはビッグタイトルを獲得できる選手だと信じている。


テニスに怪我はつきものだ。そして怪我からの回復のために何より必要なのは、十分な休養である。チチパスは今年も「Nitto ATPファイナルズ」に出場したが、グループステージで敗退したので、去年より長い休養期間をとることができた。


そしてチチパスのトレーニングするムラトグルー・アカデミーがシェアした動画を見れば、彼は万全の体調に戻ったようだ。動画の中でチチパスは、砂浜を左右に走って素振りをし、階段を何段も飛ばしてうさぎ跳びをし、また砂浜で前後に、ジグザグにダッシュしている。投稿に付けられたコメントは「チチパスのプレシーズン・トレーニングは見ているだけで疲れきる」。


チチパスは2018年からこのアカデミーで指導を受けている。ムラトグルー氏はグランドスラム女子シングルス23回優勝のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)のコーチでもある。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2020年「ATP500ドバイ」でのチチパス
(Photo by Amin Mohammad Jamali/Getty Images)

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu