マイページ

全豪オープン

全豪OP決勝はジョコビッチ対ティームに決定。上地は複5度目V。12日目結果

「全豪オープン」でのティーム

31日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)大会12日目。男子シングルス準決勝、女子ダブルス決勝、混合ダブルス準決勝、車いす男子ダブルス決勝、車いす女子ダブルス決勝が行われた。

男子シングルス準決勝。第5シードドミニク・ティーム(オーストリア)が第7シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3-6、6-4、7-6(3)、7-6(4)で勝利し、決勝進出を決めた。


この試合、第1セットを落としたティームだが、第2セットでは先にブレークに成功。その後ブレークバックされるも直後に再びブレークし、セットを奪い返す。そして第3・第4セットではタイブレークをものにし、3時間42分で試合を制した。


ティームがグランドスラム決勝へ進出するのは、2018年と2019年の「全仏オープン」に続き通算3度目、「全豪オープン」では初となる。


なお、勝利したティームは決勝で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。過去対戦成績はティームの4勝6敗だ。


女子ダブルス決勝では、第2シードのティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)が第1シードのシェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)にストレート勝利。


今大会1セットも落とさずに優勝を果たしたバボス/ムラデノビッチ。ペアとして3個目のグランドスラムタイトル獲得となった。


そして車いす女子ダブルス決勝では、上地結衣(日本/三井住友銀行)/ジョーダン・ワイリー(イギリス)が、前年優勝ペアであり第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)を破り、見事優勝。


上地にとって5度目、ワイリーとのペアとしては3度目の同大会ダブルス優勝となった。


◇   ◇   ◇


【1月31日 主な試合結果】


◆「全豪オープン」


男子シングルス準決勝


〇[5]ドミニク・ティーム(オーストリア)3-6、6-4、7-6(3)、7-6(4) ●[7]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)


女子ダブルス決勝


〇[2]ティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)6-2、6-1 ●[1]シェイ・スーウェイ(台湾)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)


車いす男子ダブルス決勝


〇[2]アルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)4-6、6-4、10-7 ●[1]ステファン・ウッデ(フランス)/ニコラ・パイファー(フランス)


車いす女子ダブルス決勝


上地結衣(日本/三井住友銀行)/ジョーダン・ワイリー(イギリス)6-2、6-4 ●[1]ディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのティーム
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。
WOWOWで決勝まで連日生中継!現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu