マイページ

全豪オープン

ナダル「才能のある選手」。正面からぶつかってきたキリオスを称賛

「全豪オープン」でのナダル(左)とキリオス(右)

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)大会8日目。男子シングルス4回戦で、第1シードラファエル・ナダル(スペイン)が第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)を6-3、3-6、7-6(6)、7-6(4)で破り、ベスト8進出を果たした。そのナダルが試合後のオンコートインタビューに答えた。

インタビューの冒頭、ヘリコプターの墜落事故により急逝した元NBAのコービー・ブライアントについて尋ねられたナダルは「今朝ニュースを見てとても悲しかった。彼は歴史に残るアスリートの1人。彼とは以前会ったことがあり、私の友人も彼と一緒にプレーしている。そういう意味ではコービー・ブライアントに対する思いというのはあり、きっと忘れることはないと思う」と言葉を寄せた。


ちなみにナダルはこのインタビュー中、ブライアントが所属していたレイカーズのキャップを被っていた。


そして試合については「とてもタフだった。コントロールできない場面が多々あった。第2セットでは1つのミスからブレークを許してしまった。キリオスはとても良いプレーをしていたが、今日のようなポジティブな態度で彼がプレーするのなら、素晴らしい未来が待っているだろう。なんといっても才能のある選手だから」と振り返り、キリオスを称えた。


グランドスラムで41度目となる準々決勝進出を果たしたことについては「大事な試合を勝てて嬉しいだけ。またセンターコートでプレーできると良いなと思う」と落ち着いて語った。


勝利したナダルは準々決勝で第5シードドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦するが、ティームについてナダルは「タフな試合になるだろう。彼は人間的にも素晴らしいファイターで、今日も良い試合をしていた。次の試合も全力を尽くしたい」と語った。


ナダルは準々決勝でティームに勝利した場合、準決勝では第7シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、決勝では第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する可能性がある。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのナダル(左)とキリオス(右)
(Photo by Jonathan DiMaggio/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。
WOWOWで決勝まで連日生中継!現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu