マイページ

全豪オープン

【速報】ナダルが勝利まであと1セットに。地元出身の難敵キリオスとの4回戦

「全豪オープン」でのナダル

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)大会8日目。男子シングルス4回戦で、第1シードラファエル・ナダル(スペイン)が、第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦。ナダルが第3セットを7-6(6)で取り、セットカウント2-1とした。

セットカウント1-1で迎えた第3セットはナダルのサービスゲームから。第2セットを勢いに乗るキリオスに押される形で落としたナダルだったが、気持ちを切り替えて第1ゲームをキープする。


その後は両者ともにサービスゲームをキープし合う展開が続く。キリオスは笑顔を見せたり、会場の歓声にリアクションを見せたりといつもの「らしさ」を見せてはいるが、プレーそのものは丁寧で堅実なもの。ナダルはそこからブレークポイントを握ることができない。


ナダルもキリオスを勢いづかせまいと気迫に満ちたプレーを随所に見せ、ともにブレークポイントを握ることなく試合は進んだ。


第8ゲーム、ナダルが驚異のフットワークでウィナーを決めて30-40とする。このセットで両者通じて初となるブレークポイントを握ったが、キリオスの絶妙なドロップショットと鋭いサーブでしのがれる。


お互いデュースまではいくものの、チャンスを作れず、このセットはタイブレークへ。ナダルは2ポイント目で先にミニブレークを奪う。4ポイント目でリターンに失敗したキリオスは、怒ってラケットを破壊。警告を取られた。そしてナダルがタイブレークを制し、勝利まであと1セットに迫った。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第4セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのナダル
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。
WOWOWで決勝まで連日生中継!現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu