マイページ

全豪オープン

【速報】ナダルが第1セットを先取。地元出身の難敵キリオスとの4回戦

「全豪オープン」でのナダル

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)大会8日目。男子シングルス4回戦で、第1シードラファエル・ナダル(スペイン)が、第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦。ナダルが第1セットを6-3で先取した。

両者は過去に7度対戦しており、ナダルの4勝3敗。しかしハードコートでの対戦に限ると、1勝2敗と負け越している。同大会2度目の優勝、そしてロジャー・フェデラー(スイス)の持つグランドスラム20勝という記録に挑むナダルか、それとも地元の熱い声援を受けるキリオスか。試合の行方に注目が集まる。


試合当日の朝、NBAの元スーパースターであるコービー・ブライアントが、ヘリコプター墜落事故により41歳の若さで亡くなるという悲しいニュースが飛び込んできた。会場にもブライアントのユニフォームを着た観客が多くいたが、キリオスも追悼の意味を込めてレイカーズ時代の永久欠番である「8」の番号がついたユニフォームを着て入場。ウォームアップもその格好のまま行っていた。


第1セットはナダルのサービスゲームから始まった。序盤3ゲームはお互いにサービスゲームをキープしあう立ち上がり。


第4ゲームでデュースの末にナダルがブレークポイントを握った。キリオスも粘りを見せたが、ナダルが振り切ってブレークに成功。続く第5ゲームをキープし、ゲームカウント4-1とナダルがリードを保った。


その後、お互いにキープし合って迎えた第9ゲームがナダルのサービング・フォー・ザ・セットとなった。ここを丁寧に抑えたナダルが6-3で第1セットを先取した。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのナダル
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。
WOWOWで決勝まで連日生中継!現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu