マイページ

全豪オープン

西岡良仁が過酷なツアーの合間をぬってでも、YouTuberとして活動する理由

「全豪オープン」での西岡良仁

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)の大会初日、男子シングルス1回戦で、世界40位のラスロ・ジェレ(セルビア)を破った世界71位の西岡良仁(日本/ミキハウス)。その西岡が、WOWOWのスタジオに登場し、YouTuberとしての活躍について語った。

西岡は「yoshi'sチャンネル」というアカウントを持ち、YouTuberとして活躍していることが有名。そのことに話題がいくと、「YouTubeをめちゃめちゃ推してほしいです」と満面の笑みで手を叩き、「"ATPカップ"や"デビスカップ"の裏側を撮ったんですが、ファンの方たちが見ることができない裏側がすごく面白かったという意見があって。なかなか出せない部分を出していって、少しでもファンの方と近くなりたいと思って出しています」とその思いを語った。


YouTuberとなったきっかけについては「そもそも見るのが大好きで。今の僕たちの年代はみんな見ていると思います。いろんなYouTuberの動画を見ていて面白いし、自分もやりたいなって思いました。WOWOWさんもこうして取り上げてくれていますが、まだまだ日本ではテニスが浸透しきっていないので、自分を見せていきたいなと思って、自分からやっちゃおうと思って始めたのがきっかけですね」と話す。


時間的にもエネルギーを注ぐのも大変じゃないですか?という質問には「動画撮って編集まではできなくなったので他の人に頼んでいますが、SNSの投稿も苦じゃないですし、オンとオフを切り替えて違った時間を楽しく過ごせる性格なのはラッキーだったと思います」と笑顔で語った。


西岡はノバク・ジョコビッチ(セルビア)やラファエル・ナダル(スペイン)と試合をし、セットは奪えずとも、以前に比べて良い試合をすることが増えてきている。さらに錦織圭(日本/日清食品)をはじめとするトップ選手に勝利することも増えてきた。


「最近、上の人と試合をすることが増えてきて。ジョコビッチやナダルには勝てませんでしたが、試合も少しずつ良い状況になってきていますし、20~50位くらいの選手に対しては勝率も上がっています。自信はかなりついてきました」


西岡は2回戦で第30シードダニエル・エバンズ(イギリス)と対戦する予定。グランドスラムでの最高成績は2回戦となっているが、今の勢いなら3回戦に進むことも充分に可能だといえるだろう。西岡の2回戦にも注目したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での西岡良仁
(Photo by Morgan Hancock/Getty Images)

「全豪オープンテニス」 大会第1・2日無料放送
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。WOWOWで決勝まで連日生中継!
2連覇を目指す大坂なおみを中心に現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継[大会第1・2日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu