マイページ

全豪オープン

【速報】西岡良仁が全豪OP4年連続の2回戦進出。上位ランカーをまたも撃破

「ATPカップ」での西岡良仁

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月20日~男子2月2日・女子1日/ハードコート)の大会初日。男子シングルス1回戦で、世界71位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が、世界40位のラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。6-4、3-6、6-2、7‐6(1)で西岡が勝利し、4年連続で2回戦進出を果たした。

セットカウント2-1で迎えた第4セットは西岡のサービスゲームから。第1ゲームでいきなりのブレークを喫した西岡だが、第2ゲームで粘りを見せて我慢のラリーを制し、ブレークバックに成功する。


さらに第3ゲームでもラブゲームでのブレークを許した西岡だが、第4ゲームでブレークバックし、リードを作らせない。


激しいブレーク合戦の後、第5、第6ゲームとお互いにサービスゲームをキープ。そして第7ゲームでまたもブレークポイントを握られた西岡。なんとかしのぎたいところだったが、前に出た西岡の横を抜かれ、1ブレークダウンとされた。


それでも粘りを見せる西岡は、三度ブレークバック。ジェレにリードさせまいと必死に食らいつく。


西岡は第9ゲームでデュースの末にブレークポイントを握られたが、このピンチをしのいでキープ。ゲームカウント5-4とした。


そして第4セットはタイブレークへもつれ込む。西岡は3ポイント目で先にミニブレークに成功。ブレーク合戦となった第4セットだが、西岡はこのリードを守り切り、勝利を掴んだ。


西岡は前哨戦の「ATPカップ」で自分よりランキングが高い選手に2度勝ったが、その勢いのまま今回も勝利した。


勝利した西岡は、ダニエル・エバンズ(イギリス)とマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)の勝者と2回戦で対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「ATPカップ」での西岡良仁
(Photo by James Worsfold/Getty Images)

「全豪オープンテニス」 大会第1・2日無料放送
2020シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。WOWOWで決勝まで連日生中継!
2連覇を目指す大坂なおみを中心に現地の感動と興奮をお届け。

【放送予定】2020年1月20日(月)~2月2日(日)連日生中継[大会第1・2日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu