マイページ

全豪オープン

前代未聞の4人対4人のテニス?チャリティーでトップ選手がやりたい放題

「Rally For Relief」でのジョコビッチ(手前)と左からナダル、大坂、セレナ、ウォズニアッキ、チチパス

15日、オーストラリア森林火災の復興支援を目的としたチャリティーマッチ「Rally For Relief」が、「全豪オープン」の会場であるロッド・レーバー・アリーナで開催された。そのなかで行われたスペシャルダブルスで、トップ選手たちが4人対4人という前代未聞のテニスを披露し、会場を沸かせた。

このスペシャルダブルスにはノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ドミニク・ティーム(オーストリア)、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、大坂なおみ(日本/日清食品)、ペトラ・クビトバ(チェコ)、ココ・ガウフ(アメリカ)が参加。


チーム・ウイリアムズとチーム・ウォズニアッキに分かれ、代わる代わるコートに出て4ゲーム先取の1セットマッチを行った。


前代未聞の4人対4人のテニスが実現したのはゲームカウント1‐1、30‐40での場面。ガウフ/ズベレフとクビトバ/ティームがコートに出ており、ズベレフとクビトバの長いラリーになった。


これを見かねたのか、ウォズニアッキがコートに乱入し、ズベレフの代わりにボレー。するとこれを皮切りにチチパスもコートにイン。4人対2人に。数で劣勢になったのを見てジョコビッチもするするっと入っていくと、ナダルもコートに入り4人対4人のテニスが完成。最後はガウフが強烈なボレーを決め、このカオスに終止符を打った。


チャリティーマッチならではの和やかな展開に観客も大興奮だった。


このチャリティーマッチでは、スペシャルダブルスだけでなく、ロジャー・フェデラー(スイス)対ニック・キリオス(オーストラリア)の1セットマッチも行われ、観客を沸かせた。


この他にも面白要素が満載だったチャリティーマッチの様子は、「全豪オープン」の公式YouTubeで全編公開中だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「Rally For Relief」でのジョコビッチ(手前)と左からナダル、大坂、セレナ、ウォズニアッキ、チチパス
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu