全豪オープン

【速報】ジョコビッチが第1セットを先取。宿敵ナダルとの決勝[全豪オープン]

「全豪オープン」決勝でのジョコビッチ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦。第1セットはジョコビッチが6-3で先取した。

両者は過去に53戦しており、ジョコビッチの27勝25敗とほぼ互角。しかしアウトドアハードコートではジョコビッチが現在5連勝中で、さらにジョコビッチは「全豪オープン」の決勝の舞台では、負けたことがない。ジョコビッチの3年ぶり7度目の優勝か、それともナダルの10年ぶり2度目の優勝か、注目が集まる。


第1セットはジョコビッチのサービスゲームから始まった。第1ゲームをキープしたジョコビッチが第2ゲームでいきなりのブレークを果たすと、第3ゲームもキープし、立ち上がり3ゲームを連取した。


第4ゲームでもジョコビッチがブレークポイントを握ったが、ここはナダルにしのがれた。第6ゲームでもポイントを重ねたジョコビッチだが、差を広げることはできない。


しかしジョコビッチは第1、第3、第5、第7ゲームといずれもラブゲームでキープしており、ナダルにチャンスを全く与えない。


そしてゲームカウント5-3で迎えた第9ゲームがジョコビッチのサービング・フォー・ザ・セット。ここでジョコビッチは初めて自身のサービスゲームでナダルにポイントを許したが、しっかりキープして第1セットを先取した。


試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」決勝でのジョコビッチ
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu