全豪オープン

大坂なおみ 次の目標は「全仏OPで優勝すること」。全豪OP初Vと世界1位の偉業達成も気を引き締める[全豪オープン]

「全豪オープン」セレモニーでの大坂なおみ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~26日/ハードコート)女子シングルスで日本人初の優勝を飾った大坂なおみ(日本/日清食品)。その大坂が、WOWOWのスタジオでインタビューに答え、次の目標は「『全仏オープン』で優勝すること」と語った。

2018年9月の「全米オープン」に続く、グランドスラム2大会連続優勝についての気持ちを聞かれた大坂は「信じられない気持ちでした。あと、とっても疲れていました」と語った。


第2セットでチャンピオンシップポイントを3本しのがれた場面については「マッチポイントを失ったけど、この現実と向き合わなきゃと思いました」と述べた。第3セットで握ったチャンピオンシップポイントは自身のサービスゲームだったねと聞かれると「自分がサーブするとき、40-0とリードしてから覆されたことはないから大丈夫と思っていました。とにかく目一杯自分の力を出そうと考えました」とも答えた。


そして次の目標については「次の目標は『全仏オープン』で優勝することです。どのトーナメントでも良いプレーをしたいと思っています」と、早くも次のグランドスラムに向けて気を引き締めている。


チームについては「この2週間はいろんなことがありましたからね。テニスだけに集中できるようにメンタルの面でとっても助けてもらいました。その助けがなければここまで来ることはできませんでした」と少し神妙な面持ちで語った。


この優勝で世界ランキング1位が確定した大坂。いつ実感が湧いたのかという質問には「難しい試合でしたからね。正直、この大会で勝つことだけに集中していました。世界ランキングについては考えていませんでした」と話した。


会場のファンからの応援について「ここに来るたびに地元のみなさんが応援してくれているのを感じます。アジア、パシフィックのグランドスラムだと、みなさん私を含め東洋人を応援してくれます」とコメントした。


最後に日本のファンに向けて日本語で「こんばんは。なんか、できた。ありがとうございます」と語った後、友人やおじいちゃんの名前を挙げ、両手の親指を立てて勝利のポーズを決めた。


早くも「全仏オープン」を勝ちたいと語った大坂。まずはゆっくりと休みを取り、続くハードコートの試合はもちろん、クレーコートシーズンでもその活躍に期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」セレモニーでの大坂なおみ
(Photo by Fred Lee/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu