全豪オープン

【1/26全豪OPまとめ】大坂なおみ 歴史的なGS2連続優勝。上地は車いす女子準優勝

「全豪オープン」セレモニーでの大坂なおみ

1月26日、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~男子27日/女子26日/ハードコート)大会13日目。女子シングルス決勝、混合ダブルス決勝、車いす男子シングルス決勝、車いす女子シングルス決勝、車いす女子ダブルス決勝が行われた。

女子シングルス決勝、第4シード大坂なおみ(日本/日清食品)が第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。大坂が7-6(2)、5-7、6-4とフルセットの末勝利し、日本人初の「全豪オープン」シングルス優勝を果たした。


第1セットを先取した大坂。第2セット、ゲームカウント5-3で迎えたクビトバのサービスゲームでチャンピオンシップポイントを握るが凌がれ、決着は第3セットへ。大坂は第3ゲームで先にブレークすると、リードを保ち勝利を収めた。


この勝利の結果、大坂は1月28日付けの世界ランキングで、日本人で初めてシングルス1位に輝くことが決まった。


セレモニーでは「スピーチは苦手なんです。無事にできるといいんですけど」と話し始めた大坂。まず、対戦相手クビトバの健闘を称え、ファンと観客、そしてチームに感謝を伝えた。最後に「さっきメモを作ったんですが、何を言うかもう忘れちゃいました。本当にみなさんありがとうございます。とても光栄です。決勝でプレーできて良かったです」と喜びを語った。


2018年「全米オープン」で優勝し、様々なプレッシャーがかかる中、グランドスラム2大会連続優勝を成し遂げた大坂。その素晴らしい戦いぶりに心から拍手を送りたい。


車いす女子シングルス決勝では、第2シードの上地結衣(日本/エイベックス)が第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)に、0-6、2-6で敗れ準優勝となった。


「全豪オープン」シングルスでは2017年に優勝を果たした上地。2018年決勝と同じく、今大会もデ グロートに敗れ、残念ながら2年ぶりの優勝とはならなかった。


◇   ◇   ◇


【1月26日 主な試合結果】


◆女子シングルス


決勝


〇[4]大坂なおみ(日本/日清食品)7-6(2)、5-7、6-4 ●[8]ペトラ・クビトバ(チェコ)


◆混合ダブルス


決勝


〇[3]バーボラ・クレイチコバ(チェコ)/ラジーブ・ラム(アメリカ)7-6(3)、6-1 ●[WC]アストラ・シャルマ(オーストラリア)/ジョン パトリック・スミス(オーストラリア)


◆車いす男子シングルス


決勝


〇[2]グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)7-5、6-3 ●ステファン・オルソン(スウェーデン)


◆車いす女子シングルス


決勝


〇[1]ディーダ・デ グロート(オランダ)6-0、6-2 ●[2]上地結衣(日本/エイベックス)


◆車いす女子ダブルス


決勝


〇[1]ディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)5-7、7-6(4)、10-8 ●[2]マジョレーン・バイス(オランダ)/サビーネ・エラルブロック(ドイツ)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」セレモニーでの大坂なおみ
(Photo by Scott Barbour/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu