全豪オープン

ジョコビッチが圧勝で決勝進出。7度目の優勝をかけナダルと53度目の対戦へ[全豪オープン]

「全豪オープン」準決勝でのジョコビッチ

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会12日目、男子シングルス準決勝で第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第28シードのルカ・プイユ(フランス)と対戦。6-0、6-2、6-2のストレートでジョコビッチが勝利し、3年ぶり7回目の決勝進出を果たした。試合時間は1時間23分。決勝では第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。

ジョコビッチとプイユは意外にも今回が初対戦。練習では何度も相手をしたことがあるそうだが、世界ランキング1位のジョコビッチがプイユを寄せ付けず、その強さを見せつけた。


第1セット、いきなり第2ゲームでブレークしたジョコビッチはその後も全く勢いを止めることなく6ゲームを連取し、わずか23分で第1セットを先取した。


第2セットの序盤はお互いにキープとなったが、第4ゲームでプイユのダブルフォルトによってジョコビッチが1ブレークアップとした。そして第8ゲームでもプイユのサービスゲームを破り、6-2で第2セットを連取する。


そして第3セットでも第4ゲーム、第8ゲームをブレークし、6-2で第3セットも奪って勝利を決めた。


ジョコビッチはプイユに1本もブレークポイントを握らせることなく、アンフォーストエラーも5本だけという隙のない圧巻のプレーを見せ、決勝へと駒を進めた。


試合を振り返ってジョコビッチは「確かに私にとって最高の試合の1つと数えて良いと思います。全てが上手くいき、想定した通り、またはそれ以上でした」とオンコートインタビューで語った。


決勝の相手であるナダルとの過去の対戦成績は、ジョコビッチの27勝25敗とほぼ互角だが、アウトドアハードコートでは、ナダルに対して現在5連勝中。さらにジョコビッチは「全豪オープン」の決勝の舞台では、負けたことがない。


ジョコビッチの3年ぶり7度目の優勝か、それともナダルの10年ぶり2度目の優勝か、世界ランキング1位と2位の頂上決戦は、1月27日の17時30分以降開始予定。


テニスデイリーでは、サイト上で試合速報とハイライト動画の配信を無料で行う予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」準決勝でのジョコビッチ
(Photo by Michael Dodge/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu