全豪オープン

ナダル 全豪5度目の決勝進出。フェデラー破った20歳チチパスを圧倒[全豪オープン]

「全豪オープン」準決勝でのナダル

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)大会11日目、男子シングルス準決勝で第2シードラファエル・ナダル(スペイン)が、第14シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦。6-2、6-4、6-0のストレートでナダルが勝利し、2年ぶり5度目の決勝進出を果たした。試合時間は1時間46分。

「全豪オープン」10年ぶり2度目の優勝を目指すナダルと、2018年の21歳以下ツアー最終戦「Next Gen ATPファイナルズ」で優勝し、今大会で自身初のグランドスラムベスト4進出を果たしている20歳チチパス。過去の対戦成績はナダルの2勝0敗。


3度目となる両者の対戦は、第1セット第3ゲームで先にナダルがブレークに成功。第7ゲームでチチパスが2連続ダブルフォルトをおかしデュースになると、ナダルが再びブレークし5-2に。続くゲームをナダルがキープし、セットを先取した。


続く第2セット、ナダルは第5ゲームで0-40と3本のブレークポイントを握る。ここは粘るチチパスにポイントを連取され、最後はサービスエースを決められてブレークならず。しかし、第9ゲームでブレークしセットを連取した。


そして第3セット、ナダルは5-0で迎えたサービング・フォー・ザ・マッチで、この試合初めてブレークポイントを握られたが、凌いで勝利を決めた。


今大会4回戦ではロジャー・フェデラー(スイス)を破る快進撃を見せたチチパスを、ナダルは盤石のプレーで圧倒。今大会ここまでの計6試合を、全てストレートで勝利している。また、2回戦からは1度も自身のサービスゲームを落とすことなく、優勝に王手をかけた。


勝利したナダルは決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)対第28シードのルカ・プイユ(フランス)の勝者と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」準決勝でのナダル
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu