全豪オープン

ジョコビッチ「ケイと一緒に思い切り試合がしたかった」。途中棄権の錦織を思いやる[全豪オープン]

「全豪オープン」準々決勝でのジョコビッチ(右)と錦織圭

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会10日目、男子シングルス準々決勝で第8シード錦織圭(日本/日清食品)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦し、1-6、1-4としたところで錦織が途中棄権した。その試合後にジョコビッチのオンコートインタビューが行われ、錦織に対する言葉や次戦に関することを語った。

錦織は試合開始直後から動きが悪く、第1セット終了後にメディカルタイムアウトを取り、右太ももを治療していた。それでもフットワークは戻らず、ボールを追うことも力強いショットを打つこともできなかった。


試合を振り返ってジョコビッチは「ケイと一緒に思い切り試合がしたかったですね」と語った。そして「彼とは以前ここで対戦した経験もあります。しっかりとリカバリーしてほしいですね。深刻な怪我じゃないことを願います」と錦織をいたわる言葉を贈った。そして観客に向かって「フルマッチをお見せできなくて申し訳ないです」と語った。


錦織は2日前に5時間5分の今大会最長試合を戦っていたが、ジョコビッチもダニール・メドベージェフ(ロシア)と3時間15分を戦い抜いていた。そのことについては「2日前の試合の後、ドクターにあまりコートに立つなと言われ、その指示を守りました」と語った。


ジョコビッチは準決勝でルカ・プイユ(フランス)と対戦する。プイユはミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を破っての勝ち上がりで、ジョコビッチとは初対戦となる。


その次戦については「厳しい戦いになると予想しています。彼にとっては初めてのグランドスラム準決勝だと聞いています。ですが、彼は数年前にニューヨークでラファエル・ナダル(スペイン)に勝っています。大きなトーナメントで実力を出せる選手だと思うので、注意しなければいけませんね」と警戒した。


ジョコビッチとプイユの初対戦となる準決勝は25日の金曜日に行われる予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」準々決勝でのジョコビッチ(右)と錦織圭
(Photo by Michael Dodge/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu