全豪オープン

【1/21全豪まとめ】錦織、大坂なおみがそろって準々決勝進出。そのほかジョコビッチらベスト8出揃う

「全豪オープン」での錦織

1月21日、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~男子27日/女子26日/ハードコート)大会8日目。男子シングルス4回戦、男子ダブルス3回戦、女子シングルス4回戦、女子ダブルス3回戦、混合ダブルス2回戦が行われた。

男子シングルス4回戦で第8シード錦織圭(日本/日清食品)が第23シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦。錦織が今大会最長5時間5分のフルセット激闘を大逆転勝利し、自身4度目となる「全豪オープン」ベスト8進出を果たした。


錦織は試合後のコート上インタビューで「特に今日はこの大会で一番タフな試合でした」「ファンのみなさん応援ありがとうございます。僕も大変ですが、5時間座っているのは大変だったと思います。また応援よろしくお願いします」と笑顔で答えていた。


そのほか、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第15シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)に6-4、6(5)-7、6-2、6-3で勝利。第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は第16シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)に1-6、1-6、6(5)-7で敗れた。


女子シングルス4回戦では、第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第13シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦。大坂が4-6、6-3、6-4で逆転勝利し、自身初の「全豪オープン」ベスト8進出を決めた。


3回戦に続き、2試合連続で1セットダウンからの逆転勝利となった大坂。次の準々決勝では第6シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。スビトリーナは、過去2勝3敗で現在2連敗中の強敵。


そのほか、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)は第16シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に1-6、6-4、4-6で敗れ、準々決勝進出はならなかった。


◇   ◇   ◇


【1月21日 主な試合結果】


◆男子シングルス


4回戦


〇[8]錦織圭(日本/日清食品)6(8)-7、4-6、7-6(4)、6-4、7-6(10-8) ●[23]パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)


〇[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-4、6(5)-7、6-2、6-3 ●[15]ダニール・メドベージェフ(ロシア)


〇[16]ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)6-1、6-1、7-6(5) ●[4]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)


〇[28]ルカ・プイユ(フランス)6(4)-7、6-4、7-5、7-6(2) ●[11]ボルナ・チョリッチ(クロアチア)


◆男子ダブルス


3回戦


〇[3]ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)6(3)-7、6-2、7-5 ●ケビン・クラウィーツ(ドイツ)/ニコラ・メクティッチ(クロアチア)


◆女子シングルス


4回戦


〇[4]大坂なおみ(日本/日清食品)4-6、6-3、6-4 ●[13]アナスタシア・セバストワ(ラトビア)


〇[16]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)6-1、4-6、6-4 ●[1]シモナ・ハレプ(ルーマニア)


〇[6]エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)6-2、1-6、6-1 ●[17]マディソン・キーズ(アメリカ)


〇[7]カロリーナ・プリスコバ(チェコ)6-3、6-1 ●[18]ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)


◆女子ダブルス


3回戦


[1]バーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)2-6、6-2、6-3 ●エリース・メルテンス(ベルギー)/アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)


◆混合ダブルス


2回戦


ベサニー・マテック サンズ(アメリカ)/ジェイミー・マレー(イギリス)6-4、6-4 ●クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)/ロバート・リンステッド(スウェーデン)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」での錦織
(Photo by TPN/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu