全豪オープン

【速報】錦織 大逆転で4度目のベスト8進出。2セットダウンから5時間超の死闘を制す[全豪オープン]

「全豪オープン」4回戦での錦織圭

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会8日目、男子シングルス4回戦で第8シード錦織圭(日本/日清食品)が第23シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦。6(8)-7、4-6、7-6(4)、6-4、7-6(10-8)のフルセットで錦織が勝利し、「全豪オープン」自身4度目となるベスト8進出を果たした。試合時間は5時間5分。

勝利した錦織は、現在対戦中のノバク・ジョコビッチ(セルビア)とダニール・メドベージェフ(ロシア)の勝者と準々決勝で対戦する。


勝負の決まる第5セットはカレーニョ ブスタのサービスゲームから始まった。お互いにキープして迎えた第3ゲームで錦織が0-40と大きなチャンスをつかむ。2本はしのがれたが、続くプレーで見事なリターンエースを決めてブレークに成功してリードを奪った。


お互いにキープして迎えた第6ゲームで15-40とカレーニョ ブスタに2本のブレークポイントを握られたが、錦織は落ち着いてこのピンチを乗り切り、リードを守った。


そしてお互いにキープを続けて迎えた第10ゲームが錦織のサービング・フォー・ザ・マッチとなった。ここで15-40とブレークポイントを握られた錦織。1本はしのいだが続くプレーで錦織のショットがネットにかかり、ブレークバックを喫してしまった。


土壇場でゲームカウント5-5と戻された錦織は、続く第11ゲームでポイントを奪うもブレークすることができない。そして第12ゲームをキープし、10ポイントタイブレークに突入した。


このタイブレークもお互いに譲らない拮抗したものとなったが、最後は錦織が執念で勝利をもぎ取った。


試合は5時間を超える死闘。最後まで諦めず戦い切った二人を称えたい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」4回戦での錦織圭
(Photo by TPN/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu