マイページ

全豪オープン

【速報】錦織が第1セットを落とす。ベスト8進出をかけた世界23位との対戦[全豪オープン]

「全豪オープン」4回戦での錦織圭

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)の大会8日目、男子シングルス4回戦で第8シード錦織圭(日本/日清食品)が第23シードのパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦。第1セットは6(8)‐7で錦織が落とした。

両者は今回が初対戦。錦織は3回戦後の記者会見で「多くのラリー戦になると思います」「彼はベースラインからとても強力ですし、動きが良くていいサービスがあります。タフな試合になると思います」と語っていた。世界23位のカレーニョ ブスタを破り、4度目のベスト8進出なるか、期待がかかる。


第1セットはカレーニョ ブスタのサービスゲームからスタート。第1ゲームでいきなりブレークポイントを握った錦織だが、ここはブレークすることができなかった。錦織は続く第2ゲームをラブゲームキープし、万全の立ち上がりを見せる。そして第3ゲームで15-40と2本のブレークポイントを握った錦織は、いったんはデュースに持ち込まれるも、粘りを見せて3度目のデュースでブレークに成功し、1ブレークアップとした。


直後の第4ゲームで攻撃的なプレースタイルに変えたカレーニョ ブスタにブレークバックを喫してしまったが、追いつかせるかとばかりに錦織が第5ゲームで再びブレークに成功して1ブレークアップに戻した。


ところが第6ゲームで再びブレークバックを喫してしまい、ゲームカウントは3-3、ブレーク2つずつという激しい展開となった。


第7ゲームで錦織は2本のブレークポイントを握ったが、カレーニョ ブスタにしのがれ、リードを作ることができない。しかし、第8ゲームで錦織は3本のサービスエースを決めてキープし、チャンスを与えなかった。


そこからお互いにキープが続き、第1セットはタイブレークにもつれ込んだ。先にミニブレークしたのは錦織。甘くなったカレーニョ ブスタのサーブを見逃さずに優位にポイントを奪うが、すぐにミニブレークを返され、ここも一進一退の攻防となった。


そしてギリギリの戦いの末、錦織が第1セットを落とした。


試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」4回戦での錦織圭
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu