全豪オープン

錦織、苦しめられた強烈サーブに思わずポロリ「僕の1シーズン分ぐらい」[全豪オープン]

「全豪オープン」2回戦での錦織圭

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)男子シングルス2回戦で、フルセット3時間半超えの激闘を制した錦織圭(日本/日清食品)。先に2セットを連取したものの、そこから相手イボ・カルロビッチ(クロアチア)の強力なサービスに苦しめられた。

相手カルロビッチのサービスはとにかく強力だった。現在のプロテニス界で最も高い211cmの長身から打ち下ろすファーストサービスは200km/hを優に超え、セカンドサービスでも200km/hに迫るほど


2月末に40歳を迎える彼の通算サービスエース数は13,000本を超えていて、2017年「全豪オープン」1回戦では5時間15分の死闘で76本という驚異的なサービスエース数を叩きだしたこともある。


また、近年では観られることが少なくなってきた一貫したサーブ&ボレーで、錦織をあと一歩のところまで追い込んだ。


錦織との2回戦、カルロビッチが錦織に浴びせたサービスエースの数は59本。そのうち4本はセカンドサービスによるものだった。


そのことについて錦織は、試合後のオンコートインタビューで「ほとんど僕の1シーズン分ぐらいのエース数ですね」と言い、会場の観客を笑わせた。ATP公式サイトによると実際の錦織の2018年サービスエース数は229本なので、謙遜気味のジョークではあるとは思われるが、それだけカルロビッチのサービスエースに苦しめられたということでもあるだろう。


高い打点から放たれる200km/h超えの高速サービスが、錦織のセンター/ワイド/ボディー(錦織の正面)へと散らされた。トップ選手のなかでリターンが得意とされる錦織ですら、第3セット以降はなかなか相手コートに返すことも難しかった。


それでも絶体絶命のシーンも諦めず、今大会から導入された10ポイント先取の最終セットタイブレークで勝利をもぎ取った錦織。この試合は自信に繋がったという。


「一試合目もそうですが、こういう大変な試合を二試合勝てたのは大きいと思います。なるべくリカバリーをしっかりして次に臨みたいと思います」


勝利した錦織は3回戦で、世界44位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)と対戦する。ソウザは2回戦で第32シードフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」2回戦での錦織圭
(Photo by NaFoto/Action Plus via Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu