マイページ

全豪オープン

全豪1回戦注目カードが紹介。引退発表のマレー戦も[全豪オープン]

左からバウティスタ アグート、マレー、キリオス、ラオニッチ

1月14日から開催される、シーズン初めのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月14~27日/ハードコート)。男子シングルス1回戦注目の対戦カード4組が「Tennis TV」公式twitterで紹介された。

注目に挙げられた対戦カードは以下の通り。


世界230位アンディ・マレー(イギリス)対 世界23位ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)
世界51位ニック・キリオス(オーストラリア)対 世界17位ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
世界8位ドミニク・ティーム(オーストリア)対 世界55位ブノワ・ペール(フランス)
世界14位カイル・エドマンド(イギリス)対 世界57位トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)


元世界1位のマレーは「全豪オープン」記者会見で今シーズン限りでの引退を発表、今大会でのプレーにますます関心が高まっている。


そのマレーとオフを一緒に過ごすなど親しいキリオスは、初戦でいきなり元世界3位ラオニッチと激突。「テニス界の悪童」とも呼ばれる彼は、2018年メンタルの改善に動いていることを明らかにしており、どのような変化を見せるか注目だ。


なお、ATP公式Twitterはこの4組の対戦カードで「どの対戦が一番楽しみですか」とアンケートを実施。まだ投票が続いているが、12日18時時点ではキリオス対ラオニッチがユーザーの注目度No.1対戦カードとなっている。


いよいよ14日に開幕となる「全豪オープン」。この4組の対戦カードを含め、それぞれの選手がどのようなプレーを見せるか注目したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は左からバウティスタ アグート(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)、マレー(Photo by Julian Finney/Getty Images)、キリオス(Photo by Alex Grimm/Getty Images)、ラオニッチ(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

「全豪オープンテニス」
2019シーズン最初のグランドスラムとなる全豪オープンテニス。全米女王に輝いた大坂なおみ、そして錦織圭が頂点を目指す!現地の感動と興奮を生中継でお伝えする!

【放送予定】 2019年1月14日(月・祝)~27日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu