マイページ

グランドスラム

全仏決勝で大逆転劇を演じたジョコビッチ 逆境から立ち直れるかは「自分次第」

「全仏オープン」でのジョコビッチ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)大会最終日の6月13日に行われた男子シングルス決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)に6-7(6)、2-6、6-3、6-2、6-4で勝利し、グランドスラム通算19回目の優勝を達成した。両者の試合後コメントを「全仏オープン」公式ウェブサイトが伝えている。

ジョコビッチは同大会で歴代最多13回の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)を下し、チチパスとの決勝では2セットダウンからの逆転勝利で優勝。それによってグランドスラムの優勝回数でもロジャー・フェデラー(スイス)とナダルの持つ歴代最多記録(20回)にあと1回と迫っている。また、2016年に続いて2度目の「全仏オープン」制覇を成し遂げ、四大大会すべてで複数優勝を収めた初の選手(オープン化以降)という称号も手にした。


「もちろん、この功績をすごく誇りに思う。テニスの歴史に名を刻むことは大好きだよ。刺激をもらえるし、満たされるんだ。ここ48時間に起きたようなことにとにかく満足してる。多分、僕のテニスキャリアにおいて歴代トップ3に残る経験だろうね。ラファと4時間半戦ったから、昨日は練習せず、今日はチチパスとの熱戦に向けて“充電”するだけにしたよ」


「どんなことも可能なんだ。僕の場合、キャリアと人生においてこれまで経験してきたことは素晴らしい。多くの人が僕には無理だと思うようなことも成し遂げてきた。ゴールデンスラムでもいいポジションにつけていると思う。2016年に同じような状況(「全豪オープン」と「全仏オープン」連覇)だったけど、あの時は“ウィンブルドン”で3回戦負けだった。今年は両大会の間が2週間しか空いてないから、理想的とは言えないね」


フィジカルとメンタル面での強さについては「自分次第」とジョコビッチは語る。「もちろんチームのサポートは受けられるけど、今日の2セットダウンのような特定の状況から挽回するには、自分で這い上がるしかないんだ。それができなければ勝つことはできない。だからこそ、僕はフィジカルと同じくらいメンタルを鍛えることも大事だと考えている。そこに長い時間をかけて取り組んでいるから、それが報われてとても嬉しいね」


一方、逆転負けを喫したチチパスは「今日は負けてしまったけど、こういう優勝争いをまた演じられると信じているよ。自分のテニスに自信があるから、またすぐにこの舞台に戻ってこられるだろう。今日はあと一歩だった。チャンスはあったからとても残念だよ。いいプレーができていたし、気分も良かった。もっとうまくやる機会を逃してしまったんだ。でも、下を向くことなく今の姿勢を貫いていけば、いつか優勝できるはずさ」


ジョコビッチは第2セット終了後に一度バッグを抱えてコートを離れ、服を着替えて戻ってきた。それについてチチパスは「彼がセットカウント0-2の時にコートを離れたけど、そこで何があったのかは知らない。ただ、戻ってきた彼はいきなり別人になっていた。意味がわからなかったよ。そして素晴らしいプレーをして、僕に余裕を与えてくれなかった」


「要は忍耐力の問題なんだ。グランドスラムではそれが求められる。僕は最初の2セットでいいプレーを見せた。でも素晴らしいと言えるほどではなくて、それじゃ不十分だった。これがグランドスラムなんだ」


「後悔があるかはわからない。泣けたら楽かもしれないけど、僕にとっては泣く理由がない。全力を尽くしたからね。あれ以上のことはやれなかったよ。来年またここでいい試合を見せられればと思う」


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのジョコビッチ
(Photo by John Berry/Quality Sprt Images/Getty Images)

グランドスラムの関連記事

PAGE TOP
menu