マイページ

グランドスラム

【速報】ジョコビッチが第4セットも連取し勝負は最終セットへ。世界5位チチパスとの全仏OP決勝

「全仏オープン」でのジョコビッチ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)大会最終日となる6月13日。男子シングルス決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)が対戦。ジョコビッチが第4セットを6-2で奪ってセットカウント2-2とし、勝負の行方は第5セットまでもつれ込むことになった。

この決勝では、チチパスが第1セットと第2セットを連取。第1セットはタイブレークの末に7-6(6)で競り勝ったが、第2セットではアンフォーストエラーがわずか2本というクオリティの高いプレーでジョコビッチを圧倒し、6-2で獲得。しかし第3セットではジョコビッチが粘りを見せ、10分以上にわたった第4ゲームで5つ目のブレークポイントをモノにする。そのリードを守り切って1セット取り返した。


チチパスのセットカウント2-1で迎えた第4セット、いきなり第1ゲームでジョコビッチがブレーク。リターンのうまさで知られるジョコビッチのボールが深かったのもあるが、チチパスのショットがすべて枠をとらえなかったことでサービスゲームを失ってしまった。


第2ゲームをキープしたジョコビッチが第3ゲームでもブレークポイントを迎えると、チチパスはラケットをコートに叩きつけてしまう。ジョコビッチはこのゲーム3度目のブレークチャンスでドロップショットを決め、2ブレークアップに成功。


その後は互いにキープし合い、ジョコビッチが5-2で迎えた第8ゲームのサービング・フォー・ザ・セットもきっちりキープ。2セットダウンから第3・第4セットを取り返し、試合をイーブンに戻した。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在最終第5セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Adam Pretty/Getty Images)

全仏オープンテニスWOWOW生中継!

今回は例年の期間から約1週間遅れての開催となる"ローランギャロス"。センターコート、アザーコート共にパワーアップした大会の模様を連日生中継でお届けする。

【放送予定】 6/13(日)まで連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

グランドスラムの関連記事

PAGE TOP
menu