マイページ

グランドスラム

【速報】チチパスが第2セットも連取で勝利まであと1セットに。世界6位ズべレフとの全仏OP準決勝

「全仏オープン」でのズベレフ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)大会13日目となる6月11日。男子シングルス準決勝で、第5シードステファノス・チチパス(ギリシャ)と第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が対戦。チチパスが第2セットを6-3で奪い、セットカウント2-0とした。


第1セットはチチパスが6-3で先取。第2ゲームでズべレフに2本のダブルフォルトもありブレークすると、そのままリードを守り切った。


第2セットはズべレフのサービスゲームから始まると、流れを変えたいズべレフが立ち上がりをラブゲームキープ。すると第2ゲームで相手のドロップショットを巧みに返球するなどプレッシャーをかけ、このセットはズべレフが先にブレークした。


しかしズべレフのゲームカウント3-1で迎えたサービスゲーム。ズべレフがロングラリーでわずかに競り負けると、その後のデュースの末にバックハンドの逆クロスがサイドアウトとなりブレークバックを許した。


逆に追いついたチチパスは第7ゲーム。ロングラリーを制して15-40のチャンスを迎えると、1本はしのがれたものの次のポイントでブレークに成功。第2セットは中盤でリードを奪い返した。


さらにチチパスは、ゲームカウント5-3で迎えたリターンゲームでも再びブレーク。セット中盤から6ゲーム連取で第2セットをものした。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は[「全仏オープン」でのズベレフ


(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

全仏オープンテニスWOWOW生中継!

今回は例年の期間から約1週間遅れての開催となる"ローランギャロス"。センターコート、アザーコート共にパワーアップした大会の模様を連日生中継でお届けする。

【放送予定】 6/13(日)まで連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

グランドスラムの関連記事

PAGE TOP
menu