マイページ

グランドスラム

錦織圭は4回戦敗退 ズベレフにリベンジならず[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織圭

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)大会8日目の6月6日、男子シングルス4回戦で世界ランキング49位の錦織圭(日本/日清食品)が第6シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦。4-6、1-6、1-6で敗れ、自身4回目のベスト8とはならなかった。

過去5戦は錦織の1勝4敗。5月前半に「ATP1000 マドリード」と「ATP1000 ローマ」で連敗した相手であるズベレフに対し、錦織は試合前に「彼は素晴らしい選手。ここ最近続けてつらい負け方をしたのでリベンジしたい」と話していた。


ズベレフに対する作戦を立てていると述べていた錦織は、サーブ直後のドロップショットなど、相手の意表を突くプレーを披露。対するズベレフも、得意のサービスエースやドライブボレー、そしてラリーから先に仕掛ける戦法でポイントを重ねていく。


コイントスに勝ってレシーブを選択した錦織。しかし第1セットの第2ゲーム、2ポイント続けてネットにひっかけて0-30となると、一度は追いつくが、フォアハンドウィナーを連続で決められてブレークされてしまう。第4ゲームをキープして1-3とすると、第5ゲームではフォアハンドのウィナーやズベレフのダブルフォルトでブレークバックに成功。しかし第10ゲームでミスショットが続き、セットを4-6で落としてしまう。


第2セットでも、錦織は第2ゲームでショットがわずかに外れたりネットにひっかけてしまい、先にブレークを許す展開に。直後のゲームでブレークポイントを得るが、粘るズベレフにキープされて0-3と、第1セットと同じスタートに。第4ゲームでは、オープンコートを作りながら最後のショットをミスしてしまうプレーが響いて0-4となり、直後に錦織が軽くラケットを地面に叩きつける場面も。結局このセットも失ってしまう。


後がなくなった錦織。第3セットでも得意のサーブ&ボレーでミスしたことをきっかけにブレークを許す。第4ゲームでは相手を走らせてズベレフのミスを誘いブレークバックして1-3に。第5ゲーム、40-40の場面で錦織はワイドのサーブからダウンザラインという形を作るが、ショットがわずかにアウトとなって肩を落とした。そのように、この試合ではイメージ通りのプレーができていながら、最後にわずかに精度を欠くプレーが多かった。結局そのゲームも奪われてしまう。錦織は最後、相手にリターンエースを決められ、試合終了となった。


錦織はこの試合でグランドスラム通算100勝目がかかっていたが、その大台に乗せることはひとまずお預けとなった。


ズベレフの次戦の相手は、22歳の世界46位アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)。2回戦でダークホースとの呼び声もあった第15シードキャスパー・ルード(ノルウェー)をフルセットの末に下した選手となる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Aurelien Meunier/Getty Images)

全仏オープンテニスWOWOW生中継!

今回は例年の期間から約1週間遅れての開催となる"ローランギャロス"。センターコート、アザーコート共にパワーアップした大会の模様を連日生中継でお届けする。

【放送予定】 6/13(日)まで連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

グランドスラムの関連記事

PAGE TOP
menu