マイページ

グランドスラム

錦織圭の4回戦相手はズベレフに。女子のトップ3が消える[全仏オープン]

「全仏オープン」でのズベレフ

現地6月4日、「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)6日目が行われ、世界ランキング49位の錦織圭(日本/日清食品)が、予選勝者の世界150位ヘンリー・ラクソネン(スイス)の途中棄権により4回戦進出を決めたことは当サイトでもお伝えした通り。その次戦の対戦相手が、第6シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に決定した。「全仏オープン」公式ウェブサイトが報じている。

ズベレフはこの3回戦で世界55位のラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。4ゲーム連取して6-2で第1セットを取る。第2セットでは逆に0-3とされるが、第9ゲームでの3つのセットポイントをしのいで逆転で7-5で取った。そして第3セットの第2ゲーム、ズベレフは7回のデュースの末にキープしてピンチを逃れると、6-2で制した。


1回戦はフルセットだったズベレフだが、2回戦と3回戦はともにストレート勝ち。ここまでの3試合の試合時間は約7時間半だ。一方の錦織は、3回戦は1時間足らずで終わったものの、それまでが2試合ともフルセットだったため、試合時間はトータルで9時間に上る。ズベレフに対してはここ3連敗、通算1勝4敗と負け越しているが、得意のクレーで勝利を掴めるだろうか。


4年連続1回戦敗退だった「全仏オープン」で今年ようやく初勝利を挙げた第2シードダニール・メドベージェフ(ロシア)は、3回戦では第32シードのライリー・オペルカをストレート、1時間半あまりで下しており、いよいよエンジンがかかってきた印象だ。他にも、第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)が第31シードのジョン・イズナー(アメリカ)を4セットで下すなど、上位シード勢が順調に勝ち進んでいる。


そんな中、ダークホースとの呼び声もあった22歳、第15シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)は、5日に22回目の誕生日を迎える世界46位のアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)に競り負けた。フルセットの熱戦となる中、第1セットと第3セットのタイブレークを制したダビドビッチ フォキナが4回戦行きを決めている。また、第27シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)が世界51位フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)にストレート負け。


比較的穏やかだった男子に対し、女子ではまたもや波乱が。第3シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)が第31シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)に4-6、6-2、0-6で敗れた。これで、棄権した第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)と第2シードの大坂なおみ(日本/日清食品)と合わせて、シード選手のトップ3が姿を消している。


上位勢が大会から去る中、グランドスラムシングルス最多記録タイとなる24回目の優勝を目指す第7シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は、世界50位ダニエル・コリンズ(アメリカ)との同国対決に6-4、6-4で勝利。3年ぶり13回目の4回戦へと駒を進めた。


車いすの部シングルスでは、国枝慎吾(日本/ユニクロ)と上地結衣(日本/三井住友銀行)がそろって準決勝進出。第1シードの国枝はゴードン・リード(イギリス)に7-6(3)、6-2で、第2シードの上地はジョーダン・ワイリー(イギリス)に6-2、6-1で勝利している。


その他の日本人選手では、男子ダブルスの西岡良仁(日本/ミキハウス)/ルー・イェンシュン(台湾)ペア、女子ダブルスの日比野菜緒(日本/ブラス)/オクサーナ・カラシニコワ(ジョージア)ペアと二宮真琴(日本/エディオン)/ヤン・ザオシャン(中国)ペアが、いずれも2回戦敗退。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのズベレフ
(Photo by Tnani Badreddine/Quality Sport Images/Getty Images)

錦織出場!全仏オープンテニスWOWOW生中継!

過去に3度ベスト8に進出した実績があり、完全復活を狙う錦織圭の活躍に注目!

【放送予定】 6/13(日)まで連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

グランドスラムの関連記事

PAGE TOP
menu