マイページ

グランドスラム

【速報】錦織圭 相手の途中棄権で全仏OPベスト16進出。次戦ズべレフと再戦の可能性も

「全仏オープン」での錦織圭

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月30日~6月13日/クレーコート)大会6日目となる6月4日。男子シングルス3回戦で、世界49位の錦織圭(日本/日清食品)が予選勝者の世界150位ヘンリー・ラクソネン(スイス)と対戦。相手のラクソネンが第2セットで途中棄権となり、錦織がベスト16進出を決めた。

この試合、第1セットは終盤で雨天中断があったものの、錦織が再開直後のサービング・フォー・ザ・セットをしっかりとキープし7-5で先取。一方、相手のラクソネンはセット序盤で左足の付け根あたりを痛めながらも、第2セット最初はプレーを続けようとしていた。


しかし、ラクソネンのサービスだった第1ゲーム、15-40となった時点でラクソネンが棄権を申し出た。


思わぬ形で2年ぶり7度目の「全仏オープン」4回戦進出を決めた錦織。次戦は、第6シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)対世界55位ラスロ・ジェレ(セルビア)の勝者と対戦する。


もしズベレフが勝ち上がってきた場合、過去の対戦成績は錦織の1勝4敗。今シーズンのクレー前哨戦で2連敗を喫しており、今大会グランドスラムの舞台において錦織が雪辱を果たせるか注目される。


一方ジェレが勝ち上がりの場合は、過去対戦成績は錦織の1勝0敗。唯一の対戦は2019年「全仏オープン」3回戦で、錦織がフルセット4時間26分という熱戦の末に勝利していた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

錦織出場!全仏オープンテニスWOWOW生中継!

過去に3度ベスト8に進出した実績があり、完全復活を狙う錦織圭の活躍に注目!

【放送予定】 6/13(日)まで連日生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら >>

グランドスラムの関連記事

PAGE TOP
menu