マイページ

グランドスラム

「全仏オープン」予選出場予定者がコロナ陽性、6名が出場取り消しに

写真は「全仏オープン」のロゴ

現在行われている「全仏オープン」予選から、6名の選手が新型コロナウイルス関連で棄権を余儀なくされた。伊ニュースサイトUBI Tennisが報じている。

報道によると、予選出場予定だった男子選手から2人が陽性判定を受け、さらに3人の選手が陽性者の濃厚接触者とみなされ、棄権となった。陽性判定を受けたのが誰であるかは公表されていないが、出場が取り消されたのは以下の男子選手だ。


ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、デニス・イストミン(ウズベキスタン)、エルネスト・エスコビード(アメリカ)、ページャ・クリスティン(セルビア)、Bernabe Zapata Miralles(スペイン)の5名。


このうちボスニア・ヘルツェゴビナのトップ選手であるジュムホールは、自身のInstagramで「コーチが陽性判定を受けたので、棄権しなければならなくなった。僕は“全仏オープン”で戦うことができない。僕らはコーチが偽陽性だと確信しているが、2度目の検査を受けるチャンスは与えられなかった」と抗議した。


「全仏オープン」は、この他に女子選手1名が陽性判定を受けて棄権となったと発表した。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」のロゴ
(Photo by Julian Finney/Getty Images)






錦織圭出場!全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継! 9/27(日)開幕!

"日本のエース"錦織圭の戦いや13度目の優勝を狙うナダルなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継 [大会第1日無料放送]

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

グランドスラムの関連記事

PAGE TOP
menu