マイページ

WTAニュース

先週優勝のコンタが肩の痛みで出場断念 [ボルボ・カーズ・オープン]

 アメリカ・サウスカロライナ州チャールストンで開催されている「ボルボ・カーズ・オープン」(WTAプレミア/4月3~9日/賞金総額77万6000ドル/クレーコート)。

 第2シードジョハナ・コンタ(イギリス)は肩の痛みのため、今大会の出場を断念した。オーストラリア生まれのイギリス人であるコンタは、11年のキャリアで最大のタイトルを獲得したばかりのところだった。彼女は先の土曜日に「マイアミ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー)決勝でカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)を倒し、世界ランキングで自己最高の7位に浮上した。

 月曜日に行われた1回戦では、アリソン・リスク(アメリカ)がワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したケイラ・デイ(アメリカ)を7-5 4-6 6-0で下して2回戦に進んだ。

 リスクはデイの3本のダブルフォールトにつけ込み、2つのブレークポイントをセーブしつつ、圧倒的な形で第3セットを取って試合に終止符を打った。グリーン・クレーコートで行われたこの試合で、デイは第3セットで打った13本のセカンドサービスのうち2本しかポイントを取ることができなかった。

 カテリーナ・ボンダレンコ(ウクライナ)はエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)を6-4 7-5で下した。日本の大坂なおみ(日清食品)は第1セットをタイブレークで落としながらも巻き返して、6-7(4) 6-4 6-2でヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を退けた。また、モニカ・プイグ(プエルトリコ)は第16シードのカテリーナ・シニアコバ(チェコ)が途中棄権したとき、4-6 6-2 4-1でリードしていた。

 エレナ・オスタペンコ(ラトビア)は予選勝者のアナ・ボグダン(ルーマニア)を6-4 6-2で、ラッキールーザーオンス・ジャバー(チュニジア)はマリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)を6-4 6-1で、アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)はララ・アロアバレーナ(スペイン)を7-5 6-2で、それぞれ倒して2回戦に進んだ。(C)AP

※写真は「マイアミ・オープン」で優勝した直後のジョハナ・コンタ(イギリス)。コンタは翌週出場予定だった「ボルボ・カーズ・オープン」を肩痛のため欠場。
Photo: KEY BISCAYNE, FL - APRIL 01: Johanna Konta of Great Britain celebrates with her coach Wim Fiscette after defeating Caroline Wozniacki of Denmark after the Women's Final on Day 13 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on April 1, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu