WTAニュース

デービスがコニュを破り、プロ6年目でツアー初優勝 [ASBクラシック]

 ニュージーランド・オークランドで開催された「ASBクラシック」(WTAインターナショナル/1月2~7日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス決勝で、フロリダ州ボカラトン出身の23歳、ローレン・デービス(アメリカ)が第8シードの19歳、アナ・コニュ(クロアチア)を6-3 6-1で破り、プロ6年目で初めてのツアー優勝を飾った。試合時間は71分。

 デービスは1回戦で第5シードのキキ・バーテンズ(オランダ)、準々決勝で第4シードのバーボラ・ストリコバ(チェコ)、準決勝で第7シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)、そして決勝で第8シードのコニュを破り、優勝するまでに4人のシード選手を倒す快進撃だった。

 一方のコニュも2回戦で2010年大会優勝のヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)と、昨年のファイナリストのユリア・ゲルゲス(ドイツ)を破っての決勝進出だった。

 「最初のタイトルというのは、確かに経験したことのない感覚をもたらすものなのね」とデービス。「現実のことではないみたい。私は長い間このときを待っていたの。昨年は2度の決勝を経験して、3度目でやっと優勝でき、今このときを特別に感じている」。

 今大会は序盤からシード選手が消えていく大会となった。

 第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は同胞のマディソン・ブレングル(アメリカ)に2回戦で敗れ、第2シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は1回戦に勝利したあと、2回戦の対大坂なおみ(日清食品)戦を腕のケガを理由に棄権。そして第3シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)は準々決勝でゲルゲスに敗れた。結果的に、決勝は世界ランク47位のコニュと61位のデービスの間で争われた。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: AUCKLAND, NEW ZEALAND - JANUARY 07: Lauren Davis of USA poses with the trophy after winning her final match against Ana Konjuh of Croatia on day six of the ASB Classic on January 7, 2017 in Auckland, New Zealand. (Photo by Anthony Au-Yeung/Getty Images)

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu