WTAニュース

ラドバンスカが3つのマッチポイントをしのいで2回戦へ [シンセン・オープン]

 中国・深圳で開催されている「深圳オープン」(WTAインターナショナル/1月1~7日/賞金総額75万ドル)の1回戦で、第1シードアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)が3つのマッチポイントをしのいでドゥアン・インイン(中国)を6-2 6-7(4) 7-5で下し、九死に一生を得た。
 
 前年度覇者のラドバンスカは一度もブレークポイントを与えることなく簡単に第1セットを取ったが、最後の2セットではワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した世界ランク103位のドゥアンを相手にサービスゲームを5度落とし、苦しむことになった。
 
 ラドバンスカはドロップショットに追いつきフォアハンドクロスのウィナーでマッチポイントをつかむと、持ち前の守備力を頼みに1時間半の戦いに終止符を打った。
 
 そのほかの試合では、2015年大会の優勝者で第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)がエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)を6-1 3-6 6-3で、第3シードのジョハナ・コンタ(イギリス)がチャーラ・ブイヤカカイ(トルコ)を6-2 6-0で下した。

 また予選勝者のニナ・ストヤノビッチ(セルビア)が第5シードのティメア・バボス(ハンガリー)を1-6 7-5 6-2で倒す番狂わせを演じている。(C)AP

Photo: SHENZHEN, CHINA - JANUARY 02: Agnieszka Radwanska of Poland returns a shot during the match against Ying-Ying Duan of China during Day 2 of 2017 WTA Shenzhen Open at Longgang International Tennis Center on January 2, 2017 in Shenzhen, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu