WTAニュース

ラドバンスカ、コンタらが準決勝へ、クビトバはキーズに敗れる [チャイナ・オープン]

 中国・北京で開催されている「チャイナ・オープン」(WTAプレミア・マンダトリー/10月1~9日/賞金総額542万4394ドル/ハードコート)の女子シングルス準々決勝で、第3シードアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)がヤロスラーワ・シュウェドワ(カザフスタン)を6-1 6-2で退け、準決勝に駒を進めた。

 ラドバンスカは次に第16シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)と対戦する。スビトリーナは3回戦で第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を破ったあと、準々決勝ではダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を7-6(3) 6-1で下して準決勝にたどりついた。

 もうひとつの準決勝は第8シードのマディソン・キーズ(アメリカ)と第11シードのジョハナ・コンタ(イギリス)の顔合わせとなった。 

 キーズは第14シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を6-3 6-7(2) 7-6(5)のフルセット、2時間41分の試合を制しての勝ち上がりで、両者の総獲得ポイントは、同じ117ポイントという接戦だった。

 一方、コンタは地元のジャン・シューアイ(中国)を6-4 6-0のストレート、1時間12分の試合で早々に終わらせた。この試合はコンタが60ポイント、ジャンが40ポイントを獲得し、20ポイントの差をつけての圧勝だった。(C)AP(テニスマガジン)

Photo:BEIJING, CHINA - OCTOBER 07: Johanna Konta of Great Britain celebrates her win over Zhang Shuai of China during the Women's Singles Quarterfinals match on day seven of the 2016 China Open at the China National Tennis Centre on October 7, 2016 in Beijing, China. (Photo by Lintao Zhang/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu