WTAニュース

ウォズニアッキが復活へ、初戦でベンチッチを撃破 [東レPPO]

 「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/本戦9月19~25日/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/ハードコート)の本戦3日目、センターコート第5試合のシングルス1回戦で、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がベリンダ・ベンチッチ(スイス)を6-2 5-7 6-1で下して初戦を突破した。

 現在は世界ランク28位だが、6年前の20歳のときに世界ナンバーワンに上り詰めたウォズニアッキと、今年はフェドカップで(現世界1位の)アンジェリック・ケルバー(ドイツ)を倒すなど成長著しい、26位のベンチッチとの対戦。ベンチッチは昨年のファイナリストでもある。

 第1セット、ウォズニアッキは最初のゲームを苦労してキープすると、次のゲームをブレークして主導権を握る。両コーナーへ正確にコントロールしたストロークと、一方で、左右に振られてもボールに食らいついてみせ、相手のミスを誘った。

 5-2としたウォズニアッキが、次のベンチッチのサービスをラブゲームでブレークして第1セットを制した。

 その流れで、第2セット最初のゲームもウォズニアッキが好サービスを連発してラブゲームでキープ。一方的な展開となり、一時は5-2とリードを広げた。

 しかし、そこからベンチッチの猛反撃が始まる。サービスキープして3-5としたあと、ブレークに成功し、勢いに乗って一気に7-5と逆転した。

第2セットで怒涛の反撃を見せたベンチッチ

 「彼女のリターンが素晴らしかった」と、ウォズニアッキもこのときのベンチッチは褒めるしかなかった。

 だが、第3セットの立ち上がりに2ゲーム連取をして、悪い流れを断ちきったウォズニアッキは、一度だけブレークを許したものの、最後は6-1でベンチッチを振りきった。

 「初戦は難しいものだけど、サービスがよかったし、エースも決められてよいスタートを切れた。第2セットを取られたあと、持ち直すことができた」とウォズニアッキは笑顔を見せた。今年は度重なるケガに苦しんだが、本来の姿を取り戻しつつあるようだ。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)

※トップ写真は鋭いショットを放つウォズニアッキ


WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu