WTAニュース

穂積絵莉/加藤未唯は2回戦で第6シードのアトワー/スピアーズに敗退 [ウェスタン&サザン・オープン]

 「ウェスタン&サザン・オープン」(WTAプレミア5/アメリカ・オハイオ州シンシナティ/8月15~21日/賞金総額280万4000ドル/ハードコート)の女子ダブルス2回戦で、穂積絵莉(エモテント)/加藤未唯(佐川印刷)は第6シードのラケル・アトワー(旧姓:コップス ジョーンズ)/アビゲイル・スピアーズ(ともにアメリカ)に6-4 1-6 [6-10]で敗れた。試合時間は1時間10分。

 ともに1994年生まれの加藤と穂積のコンビは、4月にカトヴィツェ(WTAインターナショナル/室内ハードコート)でWTAツアー初優勝。この日は第1セット終了後に順延となっていた1回戦を戦い、ワイルドカード(主催者推薦枠)のダリア・ガブリロワ(オーストラリア)/ダリア・カサキナ(ロシア)を6-4 7-6(2)で破っていた。

 アトワー/スピアーズは準々決勝で、第2シードのチャン・ハオチンチャン・ユンジャン(ともに台湾)とマリア・イリゴエン(アルゼンチン)/オクサーナ・カラシニコワ(グルジア)の勝者と対戦する。


※写真はウィンブルドンでの穂積絵莉(右)/加藤未唯

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu