WTAニュース

第1シードのバシンスキーがベスト8に進出 [SAR La ラーラ・メリヤム王女グランプリ]

 モロッコ・ラバトで開催されている「SAR La ラーラ・メリヤム王女グランプリ」(WTAインターナショナル/4月25~30日/クレーコート/25万ドル)。

 水曜日に行われた2回戦で、世界15位で第1シードティメア・バシンスキー(スイス)がカテリーナ・コズロバ(ウクライナ)のサービスゲームを5度破り、6-3 2-6 6-3のスコアで下して準々決勝に進んだ。

 バシンスキーは準々決勝でヨハンナ・ラーション(スウェーデン)と対戦する。ラーションはティアナ・ペレイラ(プラジル)を6-4 6-4で下しての勝ち上がりだ。
 
 予選から勝ち上がった123位のアレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)は、第2シードのエカテリーナ・マカロワ(ロシア)を6-2 6-2で破り、マリーナ・エラコビッチ(ニュージーランド)は第7シードのレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)が6-4の時点で棄権したためのベスト8進出だ。

 第5シードのティメア・バボス(ハンガリー)はローラ・ロブソン(イギリス)を6-1 6-2で、第8シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)はタチアナ・マリア(ドイツ)を6-0 6-2で下してベスト8に進んでいる。

 2012年大会優勝のキキ・バーテンズ(オランダ)とポリーヌ・パルモンティエ(フランス)もそれぞれ勝ち上がっている。(C)AP

※写真はマイアミの大会でのバシンスキー
Photo:KEY BISCAYNE, FL - MARCH 28: Timea Bacsinszky of Switzerland returns a shot to Agnieszka Radwanska of Poland during the Miami Open presented by Itau at Crandon Park Tennis Center on March 28, 2016 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu