WTAニュース

ベンチッチとビンチが決勝に進出 [サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー]

 ロシア・サンクトペテルブルクで開催されている「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(2月8~14日/WTAプレミア/室内ハードコート/73万5000ドル)。

 土曜日に行われた準決勝で、ベリンダ・ベンチッチ(スイス)がダリア・カサキナ(ロシア)を6-4 6-3で下して決勝に進んだ。決勝ではロベルタ・ビンチ(イタリア)と対戦する。

 ベンチッチはカサキナからプレッシャーを受けていたが、最後はきっちりと勝利を決めて、初のトップ10入りを確実とした。

「私にとってはとてつもなく大きな瞬間だわ。トップ10に入るというのは小さな頃からいつも夢見ていたことだから」と現在11位のベンチッチは話している。

 また、彼女はプロとしては初対戦だったカサキナとの試合を楽しんだのだという。二人は長年の友人で、ジュニアでは同世代として戦った仲だ。

「ダーシャ(カサキナのこと)はとてもいい友達で、オフコートでもまだ友達でいられるのがとてもうれしい」とベンチッチはカサキナのニックネームを使いながら話している。

 カサキナは準々決勝でドミニカ・チブルコバ(スロバキア)との消耗戦を戦ったばかり。また、ダブルスでも勝ち残っていたため、前日の試合を彼女が終えたのは午前1時だった。この日の試合では第2セットで背部と腹筋のトリートメントを受けなければならない状態だった。しかし。彼女はそこから巻き返し、ベンチッチをたびたびブレークのピンチに陥れた。だが、最後はカサキナのサービスゲームを破ったベンチッチが勝利している。

 決勝を戦うのは上位2シードとなった。今大会はベンチッチが初めて第1シードとして出場した大会でもある。

 ビンチはアナ・イバノビッチ(セルビア)を7-5 6-4で下しての勝ち上がりで、第1セットは0-3からの逆転でビンチが取っている。また、ビンチのアンフォーストエラーはわずか12本で、対するイバノビッチは29本だった。

 ビンチは「素晴らしい試合だった」と言いながら「とてもうれしい」と続けている。

 ビンチの決勝での戦績は9勝5敗。ベンチッチは2勝3敗だ。(C)AP

※写真はフェド杯スイス対ドイツ戦のベンチッチ
Photo:LEIPZIG, GERMANY - FEBRUARY 07: Belinda Bencic of Switzerland plays a backhand in her match against Angelique Kerber of Germany on Day 2 of the 2016 FedCup World Group Round 1 match between Germany and Switzerland at Messe Leipzig on February 7, 2016 in Leipzig, Germany. (Photo by Dennis Grombkowski/Bongarts/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu