マイページ

WTAニュース

ビーナス、プティンセバ、シェイ・スーウェイ、土居がベスト4に進出 [台湾オープン]

 台湾・高雄で開催されている「台湾オープン」(WTAインターナショナル/2月8日~14日/賞金総額50万ドル/ハードコート)。

 金曜日に行われた準々決勝で、第1シードビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)がアナスタシア・セバストワ(ラトビア)を7-5 6-2で下して準決勝に進んだ。

 ビーナスは第1セットは2-5とリードされたが、ここから3つのブレークを返して逆転で勝利した。準決勝では第3シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)と対戦する。

 「セットポイントがあったことは気にしなかった。私はただ、セットを落とさないようにしていただけ」とビーナス。「でも相手のプレーは本当によかった。とてもしっかりしていて、彼女とプレーすのは楽ではなかったわ」。

 プティンセバはシュテファニー・フェーゲレ(スイス)から第1セットを6-3で奪ったあと、相手の棄権での勝ち上がりとなった。

 ビーナスはプティンセバと過去に2度対戦し、どちらも勝利している。

 「彼女(プティンセバ)のことは人としてもそのプレーもとても尊敬している。明日の試合ではより素早い出だしでプレーしたい」とビーナス。

 また、地元期待の第6シード、シェイ・スーウェイ(台湾)はエリザベータ・クリチコバ(ロシア)を6-0 6-2で下している。

 シェイと準決勝を戦うのは土居美咲(ミキハウス)。土居は対戦する予定だった奈良くるみ(安藤証券)が準々決勝の前に棄権したため、不戦勝での勝ち上がりとなっている。(C)AP

※写真は全豪オープンでのシェイ・スーウェイ
Photo: MELBOURNE, AUSTRALIA - JANUARY 20: Su-Wei Hsieh of Chinese Taipei plays a backhand in her second round match against Serena Williams of the United States during day three of the 2016 Australian Open at Melbourne Park on January 20, 2016 in Melbourne, Australia. (Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

WTAニュースの関連記事

PAGE TOP
menu